天野喜孝・ジッポ[02_023H]

ZIPPOライター・天野喜孝 ジッポ  ブラック


日本を代表する現代アーティスト・天野喜孝先生の芸術的な作品をジッポにアレンジ。独創的なキャラクターの表情や美しい構図はそのままに、ユーズド風加工やレーザー彫刻などの金属加工で表現した、まさにアートのようなアイテム。

ZIPPOライター・天野喜孝 ジッポ  ブラック


印象的なキャラクターと表情、その雰囲気をそのままジッポにアレンジした「02_023H」。ライター全体はユーズドのテイストを加えたブラックのメッキ、そしてキャラクターのデザインをレーザー彫刻加工で表現し、シックにモノトーンで仕立てたアイテムです。
裏面の天野喜孝先生のサインも、シンプル&ミニマムにゴールドのプリントで表記しています。

ジッポ ライターとは

アメリカのクラフトマンシップ。世界的に著名な、風に強くいつでも使える火付け道具「ジッポ ライター」

アメリカの老舗ライターメーカーが手掛ける、オイルを燃料とした世界的な火付け道具。1932年に創業した「ZIPPO MANUFACTURING COMPANY」により製造販売されている著名なライターで、まさにアメリカの文化と豊かさを象徴する製品として多くの人に愛されています。
またコレクターの間でも人気のある商品で、“It works or we fix it free”の精神はまさにアメリカン・クラフトマンシップにあふれています。詳しい内容は、「ジッポの歴史」を参照ください。

アメリカのクラフトマンシップ。世界的に著名な、風に強くいつでも使える火付け道具「ジッポ ライター」


一番有名な200番の基本サイズは、幅38.5 × 高さ56.5 × 厚さ13.0(mm)で、おおよそ52グラムの真鍮製。手の平にすぽっと収まるサイズです。上から約20mmの部分で上下にキャップと本体の関係に分かれ、側面のヒンジを中心にキャップの開閉ができます。
このライターの特徴である「カチャン」という開閉音は、内部にひょうたん型のキャップストッパーが装備されており、開くときにこの音が高く響きます。

ジッポの特徴と永久保証

ジッポの特徴的な機構として、真鍮製の本体の中に、インサイドユニットと呼ばれる炎を作る機構が入っています。そしてこの機構はユニットと呼ばれるように独立していて、本体から引き出す事ができます。そのため、ライターの本体はしばしばケースと呼ばれています。

ユニットの機構はオイルを含ませる綿を収納しておくタンク。このタンクの中から紐が出ており、それにオイルが浸みて上がってくる仕組み。その紐にやすりと発火石を擦ることで出る火花が着火して火をおこします。このライターの最大の特徴は特殊な風防があり、着火した炎を風から守る機能があり、
wind proof lighterとして世界でも著名です。

また、これもコレクターやユーザーから愛される理由ですが、ケースとユニットが分れるので、ケースを色々変えて楽しむことができます。それがまさにこのライターが多種多様であるゆえんです。
機構がとても簡単に構成されているため、それがこの会社のポリシー“It works or we fix it free”(いつでも使えるし、修理は無償)に繋がります。無償で修理してもらえて、尚且つ生涯保証のついているライターです。

ジッポは永久保証。使い捨てじゃないからずっと使えてエコ。環境にもやさしいのです。

■製品仕様:天野喜孝ZIPPOライター[02_023H]

メーカーZIPPO
使用ケース#200
製品サイズ幅38.5 × 高さ56.5 × 厚さ13.0(mm/ヒンジ含まず)
製品重さ52g
装飾加工日本
保障期間ZIPPO社永久保証書付(ライターの機能故障に対する)
JANコード4582406732229
販売希望価格12,100円(税込)

<加工仕様>
全体ブラックメッキ、ユーズド風加工、表面デザインレーザー彫刻、裏面デザインプリント、全体クリアーコーティング加工済み
※クリアーコーティングは耐用年数に限りがあります。


<備考>
※サイズおよび重量は、製品により個体差が生じる場合がありますのでご了承ください。
※オイルは付属していません。別途オイルライター用オイルをお求めください。
※クリアーコーティングは耐用年数に限りがあります。


©YOSHITAKA AMANO